<< 08/24「ギブアップは通じない」 | main | 08/25「にぎりンピック開幕」 >>

【断昼】昼休みになにをする?

 断昼モニター募集中!

--
 さて、ここまではなんだか説教くさい感じになってしまったので、ちょっと趣をかえた話でも。

 昼食を食べるのをやめると、そのぶんの時間が浮くことになる。さて、それをなにに使おう。
 仕事や昼食を食べないことのストレスを緩和するためには、なるべく楽しいことをするのがいい。ぼくの場合は、本を読んだり、ギターやウクレレを弾いたり、ということが多い。

 あとは歩くこと。じっとしているより動いているほうが空腹がまぎれるし、気分転換にもなる。もちろん、カロリー消費にもつながるが、運動という意識でやるのはよくない。これを運動と考えると、そのうち続けるのが面倒になってしまう。

 昼食を抜くことにすっかり慣れてしまうと、昼時に飲食店街なんかを歩くのも楽しくなってくる。ただ単に、きょうのサービスランチはうまそうだな、なんて思いながら歩けるようになるのだ。食べたいという欲求がわいてこないのは、断昼生活のなかで、それが自分に必要のないものだということがわかっているから。その気持ちが断固たるものじゃなかったとしても、店内を覗いて、食べているひとの姿かたちを見れば、それがなにをもたらすか思い出させてくれる。

 会社帰りに買い物をするのが楽しみというひとも多いだろうが、断昼で浮いた時間を利用して昼休みに出かけるというのもひとつの方法だ。昼食代を1日500円浮かせたとしたら、20日で1万円。1ヶ月やり通したら、ご褒美に浮いたお金で好きなものを買うというのもよかろう。

 断昼を続けるには、できるだけ早く夕食をとることがポイントになる。用事は昼のうちに済ませて、仕事が終わったらさっさと帰る。そしてゆっくりと夕食を楽しめばいいのだ。

 それにしても、時間とお金が浮いて、しかもやせるというのだから、われながらなんとも良心的なメタボ対策である。
断昼 for Metabolic | 2008.08.25 Monday 06:41 | comments(0)
コメント