<< 11/18「こっちのセリフ」 | main | 11/19「コートリ」 >>

七転八倒

 こどもが生まれて以来、実践してきたことがある。ある意味、実験といえるかもしれない。それは、転んでも手を差し伸べないこと。
 こどもが転んだときに、すっ飛んでって、抱きしめて、痛かったでちゅねーなんて言うと、とたんに泣き出すが、あれは、そういうふうに接されると、おれってば、いますげえ大変な状態なのかもと思って泣いちゃうんだろうなあ。

 そういう三文芝居みたいなマネはやりたくないし、ということで、転んでも、手は出さずに笑いかけてやることにした。やーい転んでやんの、なんていいながら。そしたら、むこうも、ヘヘヘなんて照れ笑いをするだけで、またパッと立って歩いていく。

 そんな調子で接していたら、少々のことでは泣かない子になった。全力疾走で転んで1メートルほど地面の上を滑っても、少々高いところから落ちても、何事もなかったかのように立ち上がってまた遊ぶ。

 まあ、ほんとに痛ければ、すごい勢いで泣くから、そのときはちゃんとみてやればいいだろう。椅子から落ちて、でっかいたんこぶをつくったときは、さすがに泣いたな。昨日も、バスから転げ落ちて泣いた。

 痛いか痛くないかを親が決めるのは、余計なお世話というものだろう。

 だいたい、過剰に反応するひとにかぎって、実は全然見てないんだよね。いまどーなったの? なんて1歳児に向かって聞いてるんだ。そら、泣きたくもなるさ。
父なる日々 | 2007.11.18 Sunday 12:59 | comments(13)
コメント
大賛成!!!
私も実践させて頂きます!

うちの親は完全三文芝居役者(笑)でした。
そして子供は、親を心配させる訳には!
と正義感に燃え(爆笑)
縫っても泣かない子に。

同じ泣かない子でも、
これ↑は痛くても泣かないので、
酷くなるまで誰も気が付かないという
弊害があったみたいです(苦笑)

反応は相手の行動あってのもの。
よーく見ているのが大事なのかなぁ〜
と思いました。できるかな…(遠望)
2007/11/18 3:25 PM | sola
はぢめまして。いつも楽しく拝見させて頂いてます♪

うちの母も言ってました。
「大丈夫?」などと飛んでゆくからびっくりして
泣くのだと。
こっちが鷹揚に構えていればたいてい大丈夫なものだと。
ま、ちゃんと観察してなきゃいけませんけどね。
手は放してもいいけど 目を離してはいけませぬ。
2007/11/18 6:06 PM | 万里依
うちもまさにそうです。少々のことなら手は差し伸べません。息子は現在4歳半、そういうものだと思っているようです〜。しめしめ。
2007/11/18 8:41 PM | tomoko
僕も最近父親になったばかり。
やっと2ヶ月がすぎました。
侍のように強く育って欲しいものです。
僕も転んでも手をかさないつもりです!
2007/11/19 7:20 AM | habyu
私はまだ子供がいませんが、そういう子育ては大賛成です。
私自身は末っ子で、バタバタと騒がしい中大雑把に育てられたクチです。
あんまりかまわれた記憶がないのですが、かえってそれで気を引くことばっか考えてた気がします(^^;
たまに「大丈夫?」と心配されると、ここぞとばかりに大げさに「うわぁ〜〜ん」と泣いたり…。

何はともあれ、メリハリが大事ですよね。
2007/11/19 8:43 AM | たら
初めまして、こんにちは。毎日楽しく拝見しております。

結構今は皆さんそういう子育てされてるのでは?
かくいう私もそうですが、私の周りで「痛かったでちゅねー」と過剰反応するような親はいません。
むしろソッチの方が珍しいと思います。
手を出さないのは、今ではごく一般的な当たり前の教育方法ですね。
2007/11/19 9:41 AM | mika
あらそうでしたか。ありきたりなことを偉そうに書いて、お恥ずかしいかぎり。
2007/11/19 10:39 AM | にぎりこぷし
皆様ご立派。(^ω^;)爺婆が黙ってなかった我が家は、「黙って見守る」は理想でしかなかったから。(^ω^;)
2007/11/19 10:53 AM | てけてけ
初めてコメントさせて頂きます。
我が家も「手を差し伸べない」派なのです。
むしろ転んだら手を叩いて指をさして笑ってる酷い母親です。
(もちろん泣いたら抱っこしてあげますが)
子供は結構負けず嫌いなので、コチラが最大級にバカにすると「負けるもんか!」って涙を堪えてたりします。
その涙を瞳にいっぱい溜めて、表面張力でプルプルしてるのがたまらなくカワユイのです!
強くなれ、ムスコ!
だてにヤンキー面じゃないはずだ!!
(次男は最高にヤンキー面です)
2007/11/20 9:31 AM | ヤナギ
うちも小さい頃から同じように接してました。
ですから、痛いという事では殆ど泣きません。

むしろ立ち上がって歩くようになったら
積極的に足を引っ掛けて転ばせてました。
(家の中で、です)

そうする事によって、自然と先に手が出るように。
逆にそうしてない子が頭から落ちるように転ぶのを見て
そりゃ危ないだろ!と思わず言ってしまいましたよ。

叱る時も殴れば済むレベルなら頭を平手で一発。
それで済む時はまだマシなんだと刷り込んで
本気で叱る時はむしろ殴らずにドス利かせて叱り、
その方が何倍も怖いという事を刷り込みました。

お陰でいい子に育ってますよw

2007/11/21 12:25 AM | しも
何か色々言って結局見ない親とかいますね
見てる事にしてたりするからタチ悪い
2007/11/21 10:07 AM | きしだ
はじめまして。
わたしは独身ですが、
にぎりこぷしさんの絵日記や文章でこれからのことを考えてたらすごく勉強になります!

良いお父さん(*´▽`*)ていつも思ってます。

2007/11/21 1:04 PM | 南緒
いつも楽しく拝見させていただいてます。

私は子供が転んでも「痛かったねぇ」は
言いませんでした。
子供は痛みに鈍く(体が柔らかいから)
痛みよりも状況が急に変わったことに対して
驚くから泣くと聞きました。
だから「ビックリしたねぇ(笑)」と声を
かけていました。
当の子供は、泣く事もなく、きょとんとした
顔でまた歩き出したものでした。
2007/11/21 8:16 PM | etc