<< 【ひとゴマ】1/16「読書」 | main | 【ひとゴマ】1/17「鏡開いたものの」 >>

【育児哲学】コンタクトレンズ

マイナビニュースの『にぎりこぷしのデタラメ育児哲学』134回更新されました! 今回のテーマは「コンタクトレンズ」。これがほんとの開眼!?

 

 

 にぎりこぷしのデタラメ育児哲学 (134)コンタクトレンズ

├ マンガのしごと | 2019.01.21 Monday 05:47 | comments(2)
コメント
眼科で働いていたころ、学ランを着た中学生が、作業台の横の椅子で横になっていました。
同僚になぜ横になっているか問うてみると
「コンタクト、入れようとしたけど、何度やっても怖くて目が開けられなくって、そうする内、恐怖で気分が悪くなってしまった」と。
男の子はそんなもんなのかもしれませんね。
あんなに暴れ回っても案外繊細。
2019/01/21 9:11 PM | つっちん
臆病というのも、身を守るひとつの手段なので、それはそれである種の強さなのだと、その中学生を弁護しておきます。
2019/01/22 2:20 PM | にぎりこぷし