<< 1/7「ナチョスべからず」 | main | 1/8「任務遂光」 >>

ニワトリ(成人の日におくる物語)

今年は毎月、その月にちなんだなにかを描いてみようと思ってまして、第一弾として今月は、成人の日におくるマンガを描いてみました。

 

新成人の皆様、おめでとうございます! 夢や希望に燃えているひとにも、そうでないひとにも、きっとすばらしい未来が待っていると思います。そんな感じのお話です。

 

おくる物語 | 2017.01.09 Monday 09:19 | comments(3)
コメント
「普通が一番難しい」って言いますからね。
僕は実家が共働きだったので、鍵っ子でした。
家に帰るとお母さんがいて、3時におやつが出るという。
そんな友達の家の「普通」に憧れていたものです。

こぷしさんも「普通」枠から外れていて、
こういう家庭に憧れていたのでしょうか。
2017/01/09 10:02 AM | ムーニー
僕の小学校時代の「将来の夢」は公務員でした。
たしか、理由は母親が強く勧めるから…だったと。
そんな僕が何の因果か、フリーのデザイナーなどしております。
「夢」や「現実」などは、人によってその価値も、
また、それをいつ自覚するかも異なるのだと思います。
2017/01/09 12:24 PM | BIE
仕事であれ家庭であれ、自分の夢だ理想だといっても結局、誰かのために何かをすることでしか成立しないんですよね。

誰かのために、が当たり前にできることが、平凡であり、大人なんじゃないかと思います。
2017/01/10 6:22 AM | にぎりこぷし