<< 【中年の代謝の悪さなめんなよ】一点突破型のダイエットはもう効かない! 40代が本気で痩せるための5つの方法!! | main | 11/23「シンキンタイム」 >>

【育児哲学】もしもピアノが弾けたなら

 マイナビニュースの『にぎりこぷしのデタラメ育児哲学』25回目、更新されております! 娘が習っているピアノのお話! どうぞご覧ください!!

 

 にぎりこぷしのデタラメ育児哲学 (25)もしもピアノが弾けたなら

├ マンガのしごと | 2016.11.25 Friday 12:58 | comments(6)
コメント
ピアノの調律師さんが中古のピアノを扱っていることがけっこうあって、10万円からとかで売ってたりします。
ただ、引越しなどがあると移動に、それから調律(こちらは毎年)にお金がかかるのでその点覚悟が必要になります。
でも生のピアノの方が練習にいいのは確かだと思います!
2016/11/26 10:54 AM | necobut
一過性のブームで迂濶に手を出すものじゃないよなぁ・・・
2016/11/26 8:56 PM | BIE
家にピアノいいですね〜
娘さんがやらなくてもその分
お父さんが弾けばいいんです!!
どーんと買っちゃいましょう!!
2016/11/27 11:13 PM | よこ
うちの実家にも妻の実家にもアップライトのピアノがあったんですけど、なんか使われなくなったピアノに佇む雰囲気がいたたまれないんですよね。なので、ほんとに一生付き合っていく覚悟を娘がもってくれないと買いたくないんです。
2016/11/28 8:50 PM | にぎりこぷし
レンタルもあるはずですよ
2016/11/29 12:17 PM | つぶ
それがかしこい選択なのかもしれないけど、なんかなあ。
2016/12/01 5:09 AM | にぎりこぷし