<< 9/23「疎し」 | main | 9/24「こんといてな」 >>

【遺ラスト】モニター第3弾



 息子さんからのご依頼で、亡くなられたお母様を描きました。亡くなる直前のご家族そろっての食事の際に、昔行った海水浴場にもう一度みんなで行きたいね、 という話をしたというエピソードをもとに、お孫さんふたりも交えて描いてみました。

 結局その約束は叶わなかったのですが、それを実現できなかったと否定的にとらえるのではなく、お母様とご家族をいつまでも繋ぐ永遠の約束であるというふうにとらえて、「また海にいきたいね」「それは私たちの永遠の約束」とメッセージを入れています。

 納品後のアンケートより
(完成した遺ラストをみて)
手に取って見て、お袋が微笑んだ時の表情と本当に同じだと感動しました。単なる似顔絵ではなく、私たちの記憶の中で生き続ける故人をそのままに、画像と少しのエピソードからこのように描いて頂いて本当に感謝しています。
 
(まわりの反応は?)
正直、70歳に近い親父殿には遺影をイラストで表現するという新しい発想には、特別感じるものはなかったようです。(苦笑)ただ、遺ラストを一目みて「ばあちゃんか」と気がつき、写真の遺影と違い、明るさがあり、今までの日常が感じられる遺ラストには「いいじゃないか」と言っていました。

 今回は、故人と元気なこどもをいっしょに描くということで、より実験的な一枚になりました。遺ラストがお子さんたちとおばあちゃんを繋ぐ役割を少しでも果たしてくれたらいいなあ、と思っています。

 引き続き、遺ラストのモニターを募集しております。詳細は以下のページをご覧ください。

 遺ラスト・モニター募集のお知らせ
├ 遺ラスト | 2013.09.24 Tuesday 07:43 | -