<< 4/17「打算的」 | main | 4/18「鏡の中の自分とのジャンケンに勝つ方法」 >>

ケトジェニック・ダイエット

 ソフトバンク新書の挿絵のお仕事、今回はケトジェニック・ダイエットの本です。


腹いっぱい肉を食べて1週間5kg減!
ケトジェニック・ダイエット

斎藤 糧三(ソフトバンク新書)

 炭水化物を控えた食事をすると細胞の主たるエネルギー源であるブドウ糖が不足します。そうするとわれわれの体は蓄えた中性脂肪からエネルギーを得ようとします。中性脂肪は脂肪酸とグリセロールに分解され、脂肪酸は肝臓でケトン体という物質に生まれ変わります。このケトン体は体のあらゆる細胞でエネルギー源として利用できます。つまり、炭水化物を控えると中性脂肪が分解されて痩せられる、というのがこのケトジェニック・ダイエットです。

 こうした炭水化物を控える食事法は「低炭水化物ダイエット」「ローカーボダイエット」「糖質オフダイエット」などさまざまな名前で一般的になっていますが、この本のおもしろさはその切り口で、“ヒトはもともと肉食動物である”というのが著者の斎藤先生がこのケトジェニック・ダイエットを薦める根拠であり、穀物は本来の食べものではない、腹いっぱい肉を食べれば健康的に痩せられると主張されています。カロリーベースのダイエット法への批判も痛快です。

 おいしい肉料理のレシピも多数掲載。肉食系を自認する皆様におすすめの一冊です。


├ 本のしごと | 2013.04.18 Thursday 09:51 | comments(0)
コメント