<< 12/9「汚れっぷり」 | main | 12/10「俺不走」 >>

マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!

 ソフトバンク新書の挿絵のお仕事、今回もマラソンのトレーニング本です。


マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!
田中 猛雄(ソフトバンク新書)

 フルマラソンを3時間以内で走ることをサブスリーといい、市民ランナーが憧れをもってめざす目標なのですが、それはもうハードなトレーニングを積まないと達成できません。それゆえに、トレーニングのしすぎで体を痛め思うように記録を伸ばせないひとも多いようです。

 著者の田中さんは鍼灸院の院長。多くのランナーを診てきた経験から、独自のトレーニング法を開発しました。その肝は非常にゆっくりしたペースの「疲労抜きジョグ」。きつい練習は週1、2度にとどめて、あとはひたすら疲れを抜くことにつとめるというものです。

 サブスリーをめざすランナーには物足りないと感じるトレーニングですが、実際この方法で多くのランナーがサブスリーを達成しています。ぼくもこの方法を取り入れてから、慢性化していたヒザやスネの痛みが消え、しかも記録は向上しました。もっとも、まだまだサブスリーにはほど遠いタイムですけど。


├ 本のしごと | 2012.12.11 Tuesday 06:15 | comments(0)
コメント