<< 10/16「寿司伝説」 | main | 10/17「時期尚掃」 >>

非常識マラソンマネジメント

 本の挿絵のお仕事をしました。

 class=
非常識マラソンマネジメント
レース直前24時間で30分速くなる!
岩本能史(ソフトバンク新書)

 著者の岩本能史さんはランニングチームの代表で、ウルトラマラソンなどでも活躍されている方。この本では、フルマラソンに参加する初心者ランナー・中堅ランナー向けに、マラソンのレース10日前から、前日、当日にかけての過ごし方、レースの組み立て方、ホノルルマラソン・東京マラソンの具体的な走り方などについて、ご自身が現場での実践から導きだしたメソッドを紹介しています。

 日々の地道なトレーニングこそが記録更新の近道であることはまちがいないわけですが、岩本さんによれば、レース前日と当日の過ごし方を気をつけるだけでも、初心者なら1時間、中堅ランナーなら30分はタイムが縮められるとのことです。逆にいえば、レース直前の過ごし方を誤ればタイムを大幅にロスする恐れがあるということです。

 ぼくも、最近趣味としてジョギングを嗜んでおりますが、この本に書かれていることは、従来のイメージからすると、タイトルにあるとおりたしかにちょっと非常識。例えば……

・衝撃を吸収するために、かかとから着地するように走る。
・走るとき以外は、サンダルを履いて足を休ませる。
・お腹が痛くなるので、レース直前にものは食べない。
・ケガの予防のため、レース前にはストレッチをする。

 一般的には正しいんじゃないかと思われるこれらのことは、この本ではまちがいだとされてます。もちろんちゃんと理由も説明されてますが、言われてみるとたしかにそのとおり、と思えることばかりです。「非常識」と銘打ってますが、実際多くのランナーが実践して効果をあげていることからも、むしろこれこそが常識的なメソッド、正しいマラソンの走り方といっていいのかもしれません。

 この秋、フルマラソンに挑戦するという皆さん、自己記録更新をめざすならご一読をおすすめします。明後日がレースだよという方、今から読んでもまだ間に合います。

├ 本のしごと | 2011.10.18 Tuesday 09:25 | comments(2)
コメント
ひょっとして、こぷしさん
エントリーしてはるんですか?
2011/10/18 11:48 AM | BIE
ぼくはみんなで走るのは苦手なので、ひとりで勝手にフルマラソンをする予定です。
2011/10/18 2:43 PM | にぎりこぷし