<< ダイドードリンコサイト | main | 02/15「唇傷口大」 >>

妻をなんと呼ぶか

  かねてよりモヤモヤと思っていたことを、Twitterでぶつけてみました。

 ひとと話をするとき、自分の妻をなんと呼称すべきか、いまだに結論が出ない。「妻」じゃ堅い、「かみさん」じゃ軽い、「奥さん」は誤用?、「家内」はしっくりこない、「ワイフ」じゃ変……。

 すると、さっそく返信が。
「ウチの」とか

 まあ、便利な言い方だと思うけど、圧倒的にぼくのほうがウチに居るから……

私は「かみさん」っと呼ばれております…

 「かみさん」はぼくも試しに使ってみるのだけど、ぼくの話し言葉に「かみさん」が入ると、そこだけ妙にくだけた感じになるのよね。

まったく同じことを考えています。「夫」は堅い、「旦那」は軽い(かつ相手にちょっと失礼?)、「主人」は微妙(語源がというよりも使い慣れてない)、「亭主」「ハズバンド」「ダーリン」「連れ合い」「うちの人」は全部なんかおかしい…!

 女性の場合は「旦那」でいいような気がするけどなあ。妻も話し言葉では「旦那」と言ってます。まあ、話し相手にもよりますけどね。目上の人には「主人」だよな。ぼくも目上の人には「家内」って言うかな。

「嫁さん」もしくは「嫁」もダメなのでしょうか?

ヨメはいかがですか?

「嫁さん」はどうでしょうか?

「嫁」はどうですか? ちょっとフェミニストが騒ぎそうですが…うちは「旦那」と「嫁」の組み合わせです。

  怒濤の「嫁」4連発。「旦那」に対応するのはやっぱり「嫁」なのかな。でも、ぼくの場合、自分の実家より妻の実家のほうが身近なせいか「嫁」にはどうも違和感がありますし、なにか言葉としてなじみが薄いんですよね。歴史が浅く古い家の少なかった北海道では、嫁という言葉はあまり使われていなかったように思います。

じゃあ「かーちゃん」とか。下町っぽいとゆーか古き良き昭和の元気とゆーかw

 どちらかといえば、とーちゃんキャラですよ、あのひとは。

パートナーやツレは?連れ合いとか。

 関西ではツレと言う人はいますね。この言葉からは照れ隠し感がただよってくるんだよなあ。ふたりっきりのときは「○○ちゃ〜ん」って呼んでそうな……う〜さむっ。

 文章で書くときは「妻」でまったく問題ないんですよ。まあ、話すときも妻でいいような気もするけど、あとちょっとだけ柔らかいニュアンス……「ツマーン」とか。

わかりました、では「ちゅま」でどうでしょう? ほーら柔らかい。

 滑舌の悪い人だと思われちゃうよ。

私の配偶者が〜と言っている人がいました。より固いですね…。

 ある意味、他人より素っ気ないね。

 とまあ、結局「妻」よりもしっくりくる言葉は見つからず。ただまあ、もうちょっと柔らかいニュアンスを加えたいなということで、暫定的結論……

 「つま」のあとに、判別できるかどうかギリギリぐらいのちっちゃい「ん」をつけて、「つま」と発音する。

 ラマンみたいな。

 返信いただいたみなさん、どうもありがとう!!
てきにき | 2011.02.15 Tuesday 10:57 | comments(19)
コメント
暫定的とは言え結論が出て良かったですw
2011/02/15 11:16 AM | comvoy
「つまん(←“ん”が小さくならない)」ですか。
ちょっとアンニュイな感じが出てて良いと思います。
2011/02/15 1:09 PM | ひなはる
知り合いに、「ワイフ」と呼んでる人がいますw
2011/02/15 3:03 PM | momo
「つまんがいないとつまんない」と駄洒落にも使える良い呼称だと思います
2011/02/15 5:17 PM | yaga
うちの場合は妻のことを「相方」って言ってます。
飲み会とかですけど。
2011/02/15 11:39 PM | たまきち
いっそ「スイートハニーパイ」とかでひとつ。
2011/02/16 12:09 AM | 記号士
>comvoyさん
アイデアいただきありがとうございます。採用されなかったけど。

>ひなはるさん
つまんたれぶー、みたいな感じでしょうか。

>momoさん
ワイフという言葉からはダッチワイフしか連想できない……。

>yagaさん
今回の企画のオチ自体がいささかつまんなかったかも。

>たまきちさん
せっかくなので、他の場面では使わない呼称を用いたいです。

>記号士さん
そんなに長いと疲れます。
2011/02/16 6:12 AM | にぎりこぷし
前にトラックで聞いていた
ラジオのパーソナリティーは
「奥」っていってましたよ。

「うちの奥と出かけたときに・・・」

とか。

奥さんの”さん抜き言葉”ですね。

さん抜き言葉が流行ると
困る人が多くなりますね。

林家平とか
遊亭円楽とか
明石家まとか
クルム伊達公子とか。

あ、この人は違うか。
2011/02/16 7:04 AM | KEN
女房が出てないだとぅ!?
2011/02/16 9:40 AM | ueda
>どちらかといえば、とーちゃんキャラですよ、あのひとは。

思いっきり大きく頷いてしまった。
2011/02/16 11:26 AM | あに
>KENさん
奥と呼べるほど奥行きのある家に住みたいですわ。

>uedaさん
畳となんとかは新しいほうがいい……ボジョレー女房。

>あにさん
肖像画を描くなら、一升瓶を握ってあぐらをかいてる姿ですな。
2011/02/16 4:06 PM | にぎりこぷし
マジメなコメントで申し訳ないんですが。

目上の方に自分の連れ合いを指していうときは、
「夫」「妻」で問題ないでしょうけれど、
難しいですねぇ。

わたしの知人女性(71)は、自分の夫(75くらい)のことを「うちの彼は」、
知人男性(36)は、「うちの彼女が」と呼んでいて、とても自然でよかったです。
(両方とも、子供はいます)

・・ま、にぎりこぷしさんとこは、これでも気恥ずかしいか。

他人の夫や妻をどう呼ぶかも、結構難しいんですよねぇ。
「ご主人」だと、奴隷じゃないし!って思いますし、
「旦那さん」っていうのも、語源がらいうとアレですし。「奥さん」も、なぁ・・。

もっとフラットな言い方が出てくるといいですよねぇ。
とりあえず、わたしは「彼」「彼」か、
「お連れ合い」って言ってます。

仲良しの間柄に対して言うなら、ニックネームでいいんじゃないでしょうか。
「うちのゴジラが」とか(笑)
2011/02/17 1:57 PM | ぐれこ
彼、彼女は純粋にhe、sheのニュアンスなんでしょうね。

会話の中で「彼女が」と使うのは自然だと思うけど、いきなり「うちの彼女が」と話しはじめるのは変かな。それはhoneyなニュアンスがただよう気が……。
2011/02/17 2:07 PM | にぎりこぷし
「配偶者」の人をご紹介したものですが
旦那さんの事を、「うちの一緒に住んでいる人が〜」と言っている人もいます。
あと、うちの妻(さい)が〜というと
明治の文豪ぽいなと思います。
2011/02/17 3:24 PM | ふう
「柔らかいニュアンス」とは正反対な感じですが、私は「家人(かじん)」と言っています。ちなみに息子は「倅(せがれ)」

家人と共通の知り合いには名前を使うか「うちの」ですね。
2011/02/17 4:26 PM | 木偶
「家人」はどうでしょう。
2011/02/17 11:16 PM | yaz
>ふうさん
うちの一緒に住んでいる人……それ、居候だよ。

>木偶さん yazさん
家人だったら、ぼくのほうが家人。
2011/02/18 3:46 AM | にぎりこぷし
目上の人には「妻」などでいいので、
それ以外の砕けた感じの時は、
思い切って
「うちのアンパンマンが・・・」とか
「ドラエもん」とか
娘さんと合わせて、
「うちのピュア○○とピュア○○」などとキャラ付けしてはいかがでしょう。
2011/02/19 2:09 AM | うき
アンポンタンならいいかも。
2011/02/19 5:16 AM | にぎりこぷし