<< 06/22「筍帽子」 | main | 06/23「腹に合わない」 >>

【食洗記】パナソニックの食洗機がさらにパワーアップ!



 にぎりこぷしによるパナソニックの最新食器洗い乾燥機NP-TR1体験レビュー「パナソニック食洗記」終了からはや数ヶ月。ひさしぶりにトキさんからメールが届きました。さて、どんなご用事でしょう?

トキドキメール
ご無沙汰しています!にぎりこぷしさんに無理やり卓上食器洗い乾燥機(NP-TR1)をモニターして頂いてからもうすぐ一年。モニターブログを皮切りに、多くの方に食洗機を使って頂きたくて、パナソニックのWEBサイトや雑誌、店頭を通じて色々な情報をご提供してきました。

 はいはい、よく目にしますよ。

今年の5月に、TR1君の後継としてNP-TR3が登場したんです!
 ほー、ぼくがレビューしたNP-TR1はもう型落ちですか。さすが、家電業界はめまぐるしいですなあ。でも……


TR1から進化したポイントは…

1 あのエコナビ機能が更に進化!

2 80℃すすぎモードが追加できる!

の2点です。

 かゆいところに手が届くあのエコナビ機能がいったいどんな進化を!?

最近「内食」が増えて、しかも健康を気遣ったレシピに関心が高まっている中、「エコナビ」搭載の食洗機って、食生活を気遣う方にぴったりなんですよ。
「パナソニックの食洗記」でもご紹介しましたが、こってりメニューとあっさりメニューでの食器汚れの違いを見分けて洗浄方法を調整するのがエコナビ。今回のTR3には、“泡立ち具合”を見極めるセンサーが加わって、更に節水効果をあげることができました!

 泡立ち具合と水の量、いったいどういう関係が? 洗剤を入れすぎると泡だらけになって水をたくさん使わないといけないとか?

“泡立ち具合”っていうと「洗剤の泡?」って思いがちですが、これも以前ご紹介しましたが、食洗機専用洗剤はほとんど泡立ちません。では泡立ちの正体は?というと、卵に代表される「たんぱく質の汚れ」なんです。
実験の画像ですが、20g程度の卵を食洗機に入れて運転すると、こんなに庫内は泡立っているんです。

 あらら、これはたいへん。お肌に塗ったらツルツルすべすべになりそうなフワフワ感ですな。

びっくりでしょ!?
TKG(卵かけご飯)やら出し巻き卵など、美味しい卵料理はたくさんありますが、食べ過ぎるとコレステロールが気になる。卵を使わないメニューの時だってあります。そんな時、TR3の「泡センサー」が活躍します。
もともと卵がたっぷりついたコテコテの汚れをしっかり洗うように設計されているパナソニックの食洗機ですが、泡汚れが少ない時(卵料理じゃない時)はエコナビがセンシングして、すすぎの水量を調整して最大20%も節水するんです!
もともと手洗いよりかなり節水なのに、メニューに合せて更に節水するなんて、どうですか!

 なるほど、泡が少ないのは食器があまり汚れてないってサインってことなんだね。だったら、すすぎの水も少なくていいと。いいところに気がついたな! 褒めてつかわす!

それだけではありません。
梅雨の時期、食中毒が気になりますよね。

TR3では「80℃すすぎモード」がほとんどのコースに追加して選べるようになりました!なので、食器の汚れはちょっとなんだけど、まな板も一緒に洗うので念入りに高温すすぎをしたい時、今まではもったいないけど「高温パワフルコース(TR1)」を選択しないといけなかったんですが、標準コースでエコナビまで効いて、なんと80℃すすぎを選べる“アラカルト”な後片付けができるのが、このTR3。

 通常は60℃ぐらいなんだよね。すすぎの最後だけ高温にしてお手軽かつ確実に除菌するわけか。こりゃ、これからの暑い季節にはぜひ利用したい機能ですな!

賃貸にお住まいの方も大家さんともめる事なく食洗機を設置できますので、是非店頭に行って確認してみてくださいね。

 うちの水栓も撤去後はすっかり元どおり。だれが見ても、ここに食洗機がついていたとは思えぬ現状復帰ぶりです。



 というわけで、よりパワーアップした食洗機NP-TR3に興味をもたれた方は、吉瀬さんと遼くんがご案内するパナソニックのサイトで詳細をご覧ください。

 食器洗い乾燥機/食器乾燥器 | Panasonic


 前回の記事はこちら
 【食洗記9】最終回はビールで乾杯!

 最初から読みたい方はこちら
 パナソニックの食洗機がやってきた!
├ パナソニック食洗記 | 2010.06.23 Wednesday 12:03 | comments(0)
コメント